施設の予約

申請の流れ

①施設の空き状況の確認

申請前に窓口への問い合わせ、Webページで確認

 

②利用予約の申請

利用許可申請書を提出(Web予約の電子データ含む)

 

③利用料金の支払い

請求書発行後、納付期限に施設利用料金の支払い
(現金あるいは振込/振込手数料は申請者負担)

各施設使用料金はコチラ

 

④利用許可書の交付

入金確認後、利用許可書が交付され、予約完了

申請書提出の方法

予約受付方法について

書面での申請が原則となっております。
電話での予約や仮押さえ等には対応しておりません。
申請書の記入方法について不明な点は、係員にお尋ねください。

【記入項目例】
・行事の名称
・同行事の内容
・申請にきた人の氏名、電話番号
・利用する団体の代表者氏名、住所、電話番号
・利用したい時間
・行事の開始及び終了時間
・行事名及びその内容の公開の可否

窓口での申請書提出

・予約可能期間内の施設の利用については、申請内容の内容確認順に受け付けます。
・予約開始日については別項を参照ください。

FAXでの申請

・利用許可申請書をご希望の場合、利用許可申請書を窓口よりFAXで送信、または、郵送します。また、こちらよりダウンロードすることもできます。
・お客様より申請書の送信があった時点で、当方より電話確認します。申請内容の確認後、予約として処理します。

Webでの申請(一部施設は不対応)

・Webにて所定の手順で申請されると、自動返信で受付メール、申請内容の確認後、予約確定メールが届きます。
・料金支払い、利用当日来館される際は、予約確定メール画面、または印刷したものを窓口でご提示ください。
・システムメンテナンスによりご利用できない場合もあります。
・Web予約は利用日前日の19時まで受け付けます。

各申請方法に対する受付時間

施 設 名 窓口来館 FAX Web
ウエルネス交流プラザ 9:00~21:00 9:00~19:00 随時
未来創造ステーション 9:00~18:00 9:00~18:00
まちなか交流センター 9:00~18:00 9:00~18:00

利用許可に関する注意事項

・施設利用料金は前納制で、利用許可は入金後となります。
・申請後の変更や取消は、必ずキャンセル料が発生しますのでご注意ください。
・利用許可された施設等を利用許可以外の目的に利用すること、もしくは、利用の権利を他人に譲渡、転貸することはできません。
・利用目的等に疑義があり、利用の許可を即断できない場合は、利用許可書の交付を行わないことがあります。この場合、申請書をお預かりし、審査した後、後日ご連絡します。

予約開始日に新たに予約可能になる期間の申請の手続き

各貸出施設の利用に関し予約期間を設け、申請を受け付けています。各施設ごとに毎月、営業日初日に新たに予約が可能となる期間は下表の通りです。
予約開始日には、利用希望が重なることがあります。利用者の利便性と利用の平等性を確保するため、下記の通り、利用申請と受付の方法を定めています。

手続きの流れ

・予約開始日(毎月、営業日初日)の1ヶ月間前から予約開始日当日の午前10時までを新たに申請が可能になる期間の利用希望を受付する期間として設けています。
・利用を希望される方は、この期間に利用許可申請書を窓口、FAX、郵送にて提出ください。(郵送は予約開始日前日必着)
・お預かりした利用希望の状況は、利用を希望される方の日程調整のため各貸出施設ごとにWebページにて公開します。
・予約開始日(毎月、営業日初日)の午前10時の時点で、申請書をお預かりしている利用希望を正式な申請とし、利用予約の確定を行います。
・利用希望が重なった場合、システムによる抽選を行います。
・予約の可否については予約確定後、お電話もしくは窓口にてお知らせします。

各貸出施設の予約開始日に新たに予約可能になる期間

施 設 名 貸 出 施 設 期 間
ウエルネス交流プラザ ムジカホール 12ヶ月後の1ヶ月
茶霧茶霧ギャラリー
まちなか広場
未来創造ステーション 会議室1 6ヶ月後の1ヶ月
多目的+セミナー3
まちなか交流センター まちなかキッチン
多目的(1-A+1-B)
その他施設 ※1 3ヶ月後の1ヶ月

※1 ウエルネス交流プラザのリハーサル室の単独利用を除く

下図の予約抽選受付期間早見表より利用検討中の日程がいつから申請可能になるのかご確認ください。

予約開始日に予約確定の対象となる利用希望の提出期限

提 出 方 法 提 出 期 限
窓口への提出 当日10:00
FAXでの送付 当日10:00
郵送での送付 前日必着

 

PAGE TOP